レーザー脱毛治療と痛み

レーザー脱毛治療と聞くとなんとなく大事のようなイメージをもってしまいませんか?

レーザーを皮膚にあてることで火傷や、痛みを及ぼすのでは・・・と思いますが、レーザー治療による火傷や痛みはほとんどないと言ってよいでしょう。

なぜなら、メラニン色素にレーザーをあてると反応して熱を蓄積しますが、その後熱を放出する性質があります。

体積の小さなメラニンほどすぐ熱くなり、すぐ冷める性質にあるようです。

毛根ほどの大きさになりますと、なかなか熱くならず、なかなか冷めませんが、レーザー光を照射してから毛根のメラニンが熱放出するまでの間に、肌のメラニン色素はすばやく熱くなり、すぐ冷めてしまういます。

お肌のメラニンは体積が小さいので熱エネルギーも大きくはなく、熱破壊までには至らないため、お肌は安全です。

posted by レーザー脱毛 | レーザー脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。